サイト内検索

小犬のワルツ

ショパン

再生数 : 15326
弾きたいポイント:50

難易度

全音
★★★
全音以外
-

最終更新

2009.11.10

コメント

1846年から1848年にかけて作られた「3つのワルツ op.64」の第1曲目で、ショパンのワルツの中で最も有名なものの1つとなっています。

子犬が自分のしっぽを追いかけ回している様子をヒントに書かれたものだと言われており、とても軽快な曲調となっています。他のワルツと比べると演奏時間がとても短いのも特徴的です。

2009.11.10 高音質なmp3にしました

気に入っていただけた方はぜひ拍手やメッセージをいただけると嬉しいです。拍手のみの送信もできます

ショパンの曲をもっと聴きたい方はこちら


こちらの曲もどうぞ


おすすめ楽譜
注 リスト作成はアキラが手作業で行っています。購入される前に曲目の確認をされることをお勧めします(すべてアキラの手元にある楽譜ですので、メールなどで中身について質問していただいても構いません)