サイト内検索

「ロンドンの楽譜帳」より アンダンテ 変イ長調 KV15dd

モーツァルト

再生数 : 134
弾きたいポイント:0

難易度

全音
★★
全音以外
-

最終更新

2022.8.27

コメント

おそらくクラヴィーア独奏を前提とした曲ではなく、ところどころに長めの休符が用いられています。48小節目右手の32分音符のEsはEにして作ってあります。

【モーツァルトについて】
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756~1791)は古典派を代表するオーストリアの作曲家です。5歳の頃から作曲を始め、約20曲のソナタを含むピアノ曲、番号が付されているものだけでも40曲近くある交響曲、「フィガロの結婚」や「魔笛」に代表されるオペラなどジャンルを問わず数多くの作品を残しています。

なお、モーツァルトが活躍した時期はチェンバロからピアノフォルテへの移り変わりの時期でもあります。

気に入っていただけた方はぜひ拍手やメッセージをいただけると嬉しいです。拍手のみの送信もできます

モーツァルトの曲をもっと聴きたい方はこちら